[廣瀬爽彩さん]中学担任の実名は菅野美里!「私は無関係」自演書き込み隠蔽か

事件

北海道旭川の公園で廣瀬爽彩(さあや)さんが北星中学で壮絶ないじめを苦に死亡した事件でTwitterでは加害者主犯の中尾まほ,荒野行動で知り合った,ふうとこと吉田ゆうき,被害者母親からの相談を無視した担任の実名などの情報が出ています。中尾まほはインスタも特定されています。生徒の命よりもデートを優先した先生や学校について記していきます。

※追記あり!学校側葬儀にきていない。いじめマニュアルが馬鹿馬鹿しい!

廣瀬さあやさんのイジメ主犯中尾まほは虐待されていた

廣瀬爽彩(ひろせさあや)さん担任実名は菅野美里で特定か

『もう私、死にたい』

今年3月、雪が降り積もる旭川の公園で家を飛び出して以来行方不明になっていた廣瀬さあやさんの遺体が発見されました。

死因は凍傷低体温によるもの。広瀬さあやさんは中学2年生の14歳。加害者である2つ年上の少女Aこと中尾まほと吉田ゆうき(ふうと)含む小中学生複数人に自慰を強要されたり、その写真をばらまくなどと脅されたり、女子トイレで腹パンされるなど日ごろから壮絶ないじめを受けていました。

また学校や公の場所で堂々といじめは行われており知っていながらっ黙認している教師も沢山いたとのことです。

さあやさんはシングルマザー育ちで娘の異変に、いち早く気づいた母親はイジメの内容を学校の担任に相談していましたが

「あの子たちはおバカだから、いじめなんてあり得ませんよ。今日は彼氏とデートなので相談は明日でもいいですか?」と教師とは思えない発言をしています。

廣瀬さあやさんのイジメ主犯中尾まほは虐待されていた

合唱部顧問で女性の先生だという情報は出ていましたが、ネット民の怒りは収まらずについにこのデート先生を特定してしまいました。

名前は『菅野美里(かんのみさと)』さんであるという情報が出回っています。

※出回っている情報を元にまとめていますので違う場合は訂正させていただきます。有力情報を知っている方はコメント欄、コンタクトフォームにて知らせてください。

デート先生は悲惨な事件があったにもかかわらず平気な顔して勤務しているとのことです。しかし先生といえど人間ですから、他人の命より自分の命が大事で当たり前。食べていくために仕事を手放すわけにはいかないのでしょうね。

デート先生は少女一人が死んでいるのに超他人事だったという関係者からのリークがありました。また、このデート先生は合唱部の顧問だったことも判明しています。

廣瀬さあやさんのイジメ主犯中尾まほは虐待されていた

 

 

廣瀬爽彩さん担任デート先生が自演で情報隠蔽?

匿名掲示板に旭川合唱連合の理事をしているとの情報もでています。HPの理事欄に記載されているとあります。顔情報などもあるのでしょうか?

旭川合唱連盟の公式Twitterです。こちらのホームページにデート先生の名前も記載されています。

また『菅野美里さんは北星中学に居たことがない。担任である情報はデマ』というネット書き込みがありますが、ホームページには、しっかりとこの先生の名前が記載されています。

この先生が北星の担任であったということは事実のようです。

また、この先生が問題のデート先生でなかったとしても当時北星にいた女性担任は4人であることがわかっています。菅野さんが黒でなくても菅野さんを除く3人の中から特定されてしまうのも時間の問題でしょう。

公式Twitterでは関係者たちの顔写真が載っています。デート先生もこのツイートのどこかにいるのではないでしょうか。

追記:金子圭一顔画像は?

北星中学の校長の名前は金子圭一さんであるという情報を入手しました。学校内で教師や他の生徒がいじめを目撃していたにも関わらずこの校長は『いじめはなかった』と主張しています。

※こちらが金子さんの顔写真。

『いじめは悪いことなので生徒に指導していました。それとさあやさんが亡くなったことは何の関係があるのでしょうか?』と開き直っていることも判明。

追記:金子圭一の現在は?

当時の校長 である金子圭一さんは2020年に退職しており

現在は剣淵町教育委員会学校教育指導員をしているとのことです。

追記:北星中学関係者誰も葬儀に来なかった!

 

追記:北星中学のいじめ対策マニュアルが馬鹿馬鹿しい

こちらが学校側で配布されているいじめ対策マニュアルです。

いじめはどの生徒にもどの学校にも起こりうる誰でも加害者にもなり被害者にもなる。イジメをしている子供にはその行為を許さず、毅然と指導に努めている。とあります。はっきり言って嘘ですよね。実行していないのですから。

廣瀬爽彩さん北星中学は過去にも情報隠蔽!

2019年のメディアあさひかわの記事です。北星中学校、学校側は事件隠蔽に躍起。さあやさんと思われる女子生徒はいじめで自殺未遂という見出しがあります。

こんな風に事件になっても学校は何もしなかった。情報隠蔽はお手の物、恒例行事だったのでしょう。情報が明るみになっていない、他のいじめ情報もあるのではないでしょうか。被害者の方は勇気を持って声を上げてください。有力な情報お待ちしております。

記事を要約すると、2019年の6月ごろに、男女複数の小中学生に囲まれて川に飛び込まされて、いじめ事件が発覚したことが書いてあります。

さあやさんは猥褻な画像を消してほしければ川に飛び込んで死ねと脅されていました。彼女は追い詰めれてウッペンツ川に飛び込み警察も出動する騒動になりました。警察がかけつけたときには、加害者たちは橋の上から、ただ眺めていただけだったといいます。

死にたいと泣き叫ぶ広瀬さあやさんを見ても何も感じない様子であったと記されています。

また、この問題に関して学校側は『いじめなどなかった。ただの男子生徒による悪ふざけ』だと主張。何も対処をせず、今回の悲劇へと繋がりました。

廣瀬さあやさんのイジメ主犯中尾まほは虐待されていた

 

中尾まほのインスタ特定アカウントはmah_o215

主犯の少女Aのインスタアカウントが特定されています。どうやら、ジャニーズのイケメンが大好きだったようです。この少女はメイクをしてアプリ加工をしていてとても可愛いです。髪は茶色でウイッグか何かをかぶっているのかもしれません。

最近の小中学生はメイクをするということもありますし、さあやさんをイジメていたグループは「陽キャ」であったということです。このようなグループにいるということは、派手な化粧をしていても何ら不思議ではありませんね。親がさせていたのでしょうか?

本人のものと思われるTwitterは現在凍結状態で見れなくなっています。

少女Aこと中尾まほはセクシーゾーンの菊池風磨の担当であることがわかっています。塩顔イケメンが好きなのでしょうか。ジャニーズ好きの人たちと繋がっているようです。

このNという少女の親は病院勤務の看護師であるという情報が出ています。

旭川いじめ犯人の母親は看護師で虐待家庭か

このいじめ加害者の少女の親が看護師という情報が出ています。家庭環境も悪く主犯の少女Nの性格が歪んだ可能性があるという情報提供もあります。

いじめられた被害者は心に傷を負うことは当たり前ですが、いじめ加害者も心に傷をおっているのです。本当に保護されるべきは、いじめ加害者でしょう。

「この漫画がすごい!」で有名な田村由美作品の「ミステリというなかれ」という漫画があり、その漫画内でこのような描写があります。

『どうしていじめの被害者が逃げないといけないんだろう?海外では、イジメをしているほうがイジメをしないといけないほど病んでいるってことだから被害者ではなく、加害者を癒すべきという考えがある』と、主人公が言うシーンがあります。

また『育てられたように人は育つ』というセリフもあります。これは荒々しく主人公たちを犬のように殴りつけてきた犯罪者に向けられたセリフです。

『可哀そうだな。そんな犬のように殴られて育ったのか。人は育てられたように育つからな』と犯罪者を哀れむのです。

少女Nは、親にどのような教育を受けて育ったのでしょうか?こんなひどいイジメをしないといけないほど、心に鬱憤を抱えていたのでしょうか。彼女がどのようないじめをしてきたのかを見ていきましょう。

追記:廣瀬さあやさんに自慰行為を強要するいじめ経緯まとめ

中尾まほこと少女A子は現在16歳。茶髪にピアスをしているそうです。被害者は北星中学の2年、広瀬さあやさん(14歳)

旭川いじめ殺人事件】 情報まとめ
■被害者 北星中学校 2年 廣瀬爽彩さん (14歳)
■経緯 6年生12歳時に 「性器写真」を撮られる その写真を弱味に 恐喝/暴行/強制わいせつ(自慰強要)が 日常的に行われ洗脳。
2021年2月 自殺 ■殺人主犯(3名) 中尾まほ(16歳) 他男子2名
6月3日、C男は爽彩さんに対して、次のLINEメッセージを送っている。
《裸の動画送って》
《写真でもいい》
《お願いお願い)
《(送らないと)ゴムなしでやるから》
C男は爽彩さんに自慰行為の写真を携帯のカメラで撮って送るようしつこく要求。まだ12歳だった爽彩さんは何度も断ったが、上記のような暴力をちらつかせ脅迫するようなメッセージもあり、恐怖のあまり、自身のわいせつ写真をC男に送ってしまったという。

それを機に、A子、B男、C男らによるイジメが目に見える形で露骨になってきた。

「4月に1回、5月に2回、6月に1回、担任の先生に『イジメられていますよね? 調べてください』とお願いしたが、担任の先生からは『あの子たち(A子ら)はおバカだからイジメなどないですよ』

『今日は彼氏とデートなので、相談は明日でもいいですか?』などと言って取り合ってくれなかったそうです」(同前)

また中尾まほは、普段から堂々と公の場所でいじめ行為を行っており、女子トイレで、さあやさんに腹パンをしていたこともわかっています。他の女子生徒と目があうと『一緒にやる?』と笑いながら誘ったそうです。

中尾まほは、さあやさんに自慰をさせたり猥褻な写真をばらまくと脅したりしていましたが、父親に性的な虐待でも受けていたのでしょうか?普段から親に支配されいうことを聞かないと猥褻なことを強要されたり、身体的、精神的な虐待をうけていたのでしょうか。そして看護師の母親は黙認していたのでしょうか。

子供は純粋で育てられた環境が悪いと、そのように育ってしまうことがわかっています。

とても可哀そうで悲惨な事件ですが、この可哀そうな少女が加害者というモンスターに変わってしまう前に温かい愛情を差し伸べる人たちはいなかったのでしょうか。

広瀬さあやさんは、優しい母親に愛されながら育ちました。さあやさんを羨ましく思い憎んでいたのではないでしょうか。

『中尾まほは元北星中卒で働いてる子。一年前に自分は縁を切っていますが自分ではやらないと思います。だけど男絡みが多いので囲ってやってる可能性はあり、まあそこそこ頭のとち狂ってる自己中女です』

地元民の証言です。男子学生とよくつるんでおり、自分でやるのではなく人に命令をしてやらせていたのでしょう。

追記:吉田ゆうき[旭川いじめ]自演疑惑で主犯の疑いが再浮上

バクサイせ名前のあがっていた「吉田ゆうき」は、主犯であると言われていましたが、掲示板に『名前の上がっている吉田ゆうきは犯人とは違うと被害者の母親がFacebookで言っているよ』と書き込みをしていたそうです。

この書き込みを見たことによってネットでも吉田ゆうきは犯人ではないという情報が出ていましたが…

このあとに有力情報を握る『しの』さんがこの情報を否定しています。

追記:旭川いじめのふうとのインスタグラムとTwitter特定

加害者の『ふうと』のインスタはfuu0029というアカウント名であることが判明しています。

こちらのアカウント情報によると、実業1年D組と書いてありますが、」実業とは実業旭川実業高等学校の略称であることがわかっています。

元北星(元北星とは旭川市立北星中学校のことで被害者の廣瀬爽彩さんの通っていた中学校です)
元バスケ部ということも書いてあります。

『ふうとカラオケに女連れ込んで襲ってるてマジ?』フォロワーからの質問に『男2女2のめんつです』と返信しています。このリプライを返しているTwitterアイコンがこちらです。

銀魂の神楽ちゃんですね。また歌い手としての活動もしていたようで歌専用のアカウントはこちらです。

追記:吉田ゆうきとは?

未成年なのでもう一人の情報は伏せさせていただきますが、主犯の少女のイニシャルはN、Mだという情報が出ています。こちらは旭川の地元民によるリークです。主犯のNは、クラスのカーストでトップ的な存在だったそうです。

もう一人、イニシャルYという少年の名前が書きこんでありましたが、こちらは被害者の母親が否定しています。

中尾まほと一緒になっていじめていた主犯の「ふうと」は男子学生で荒野行動を通じて、さあやさんと知り合っているようです。カラオケに女の子を連れ込んで襲っているという情報がTwitterで拡散されており、この人物が、さあやさんをいじめていた主犯のもう一人であると言われています。

続く。。

 

コメント

  1. 名無し より:

    主犯格まほのアカウントとされているものは全くの別人のアカウントです。
    本物のアカウントは@maho_o215ですよ。

  2. 中邑迦羅漏 より:

    かんのじゃ無くてすがのです

  3. ぶーたそ より:

    中途半端な記事ですね。「ふうと」とは赤井楓翔(B男)のことですか?また主犯の宮川理夢(C男)の情報が一切ないのはなぜ?

タイトルとURLをコピーしました